注文住宅を家を建てるメリット|寒さ対策もバッチリ

積み木

家を買う際の知識

インテリア

湿気に関してチェックする

中古一戸建ては、購入前の状態確認が重要です。入居してから思わぬ不具合が発覚し、後悔したという失敗談は、決して少なくありません。特に、鎌倉では、湿気による建物の劣化は要チェックポイントです。それというのも、鎌倉は海と山に挟まれ、湿気が溜まりやすい条件の土地だからです。そして、中古一戸建てで実際に見る部分は、第一に床下と屋根裏です。床下は、台所の床下収納庫があれば、そこから簡単に覗けます。カビ臭くはないか、風の通りがあるか、そして土が湿っていないかを確認しましょう。また、一緒にシロアリがいないかも確認するとより確実です。そして、屋根裏で見るべきは、雨漏りの跡がないか、結露していないかです。この時、良く見えなかったり、分かりにくければ、雨の日に見に行くのもいい方法です。ついでに軒下や窓回りも見れば、全体の水漏れに関するチェックもできます。雨量の多い日なら、床下に水が流れ込んでいないか、下水が溢れてこないかも見ておくとなおいいでしょう。そして、壁や窓、それから水回りにカビの痕跡がないかも見ます。収納部分は全て開けてみて、中の壁も確認しましょう。ここでも、カビ臭くないか、空気がじめっとしていないかは重要です。特に、建物の北側に当たる部屋は念入りにチェックしておきます。ここまで素人の目で確認して、何らかの不審点があれば、一度専門家に依頼して正確な調査をしてもらいましょう。その結果によって、その中古一戸建てを買うか否か、買うなら補修が必要かどうかが決められます。快適な鎌倉での生活のためには、住環境は譲れないポイントです。中古一戸建てだからと妥協せず、いい家と憧れの鎌倉暮らしを手に入れましょう。